【生足フェチ用】生足OLがお花見中に油断してパンチラしまくって毛穴まで見える。

職場で催されるお花見というのはいいですよね。だってOLさんは私服ではなく制服姿で来てくれるのですから。暖かくなってくるとパンストやタイツは蒸れるだけだから生足OLも増えてきます。春先はまだ肌寒いこともあるからパンストやタイツは欠かせないはず。きっと会社の規則でパンスト禁止とかタイツ禁止になっているのかもしれない。

今も女子校とかで黒タイツは禁止だけどベージュパンストはOKという校則が話題を呼びました。ベースパンストフェチがいる一方で生足フェチがいてもおかしくない。僕的にはタイツの脚の方が興奮するんだけどね。女性って結構膝が黒かったり擦りむいていたり絆創膏を貼っていたりなどしますからね。逆にそれが生々しくてエロいのかもしれない。生足OLはムダ毛処理も怠れない。黒タイツなら多少すね毛が伸びたり剃り忘れていたりしてもごまかせますけど生足はそうもいかない。

生足フェチというのはそんなムダ毛とか毛穴とか油断している女性の部分にも興奮するのだ。この動画でも生足のOLの素肌にズームアップして毛穴の撮影にも成功している。小キズが多いスネや膝小僧、太もも。やっぱりエッチですわ。遠目から見る分には目立たないけどドアップには耐えられない。よく見ると太もも、鳥肌が立っているように見える。

そして生足のいいところというのはパンチラするときにパンティがダイレクトに見れるというところ。パンストとかタイツだとスカートの三角ゾーンからパンツが見えたとしてもなんとなくごまかされてしまう。パンティの模様や色などが分かりづらい。生足などパンティまでダイレクトな視界が開けている。光さえあればパンティの模様な素材感などすべてがわかる。パンティの擦れたような使用感などあわよくば陰毛がはみ出している可能性もあるのだ。生足には夢があるね。

職場でパンティストッキング禁止だった場合には上層部が生足フェチである可能性が高い。パンチラを見たいし、パンティラインもより浮き出るようにしたい、生足の毛穴に興奮するのかもしれない。男なら誰しもが誰にも負けないくらいの性癖を持っているから女性にはもう諦めてもらい認めて欲しいね。

もうすぐ令和初のお正月を迎えようとしていますね。1919gogoは四季の盗撮動画が揃っているので冬にお花見盗撮動画を見ることも出来る。近年は職場の忘年会や新年会などスルー出来るような風潮になってきましたけどお花見だけは死守して欲しいね。特にOLさん。あのタイトなスカートは普通にしていると短く見えないけど座った瞬間にすごくミニスカートに見える不思議。同僚や先輩、後輩のOLさんが椅子に座っていて太ももがあらわになっているところを見るとやっぱりドキってします。だって太ももの先にはパンティと女性器があるわけですからオスとして興奮して何が悪いのかって話ですよ。

男はOLさんのスカートの中をいつでも意識して狙っていますから。たまには足を組み替えるフリをしてわざとパンツを見せて欲しい。仕事もやる気が出るってもんですよ。